FC2ブログ

ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

ゼルダの伝説 夢をみる島

【評価 /10】
9点


【○】
■傑作リメイク
ゼルダファンには名作と名高いタイトルで、1993年にゲームボーイでリリースされた後、ゲームボーイカラー対応&追加要素の入った「ゼルダの伝説 夢をみる島DX」その後もVCや3DSでも配信されており今回switchでフルリメイクされた。

個人的にもゼルダの話をする中で完成度の高いゲーム性とエンディングについてよく話題が出てくるタイトル。

本作を語る上で気になるのは「どういった点が変わっているのか?」だがこれはほぼアートや音楽といったガワの部分で、謎解きや遊びの部分など中身はほとんどそのままになっている。

そういわれると改めて買う価値がないように感じるかもしれないが、アートはまるでフィギュアを動かしているようなクオリティで驚かされるし、音楽もオーケストラになっていてワクワク度は桁違い。
遊びの部分に手を入れていないのはあまりに遊びが完成されているのでいじる必要がないというのが答えだと思う。

ブレスオブザワイルドはたしかに素晴らしいのだが、初期ゼルダがいかに完成されたゲームなのかを改めて確認する事が出来る。
過去のゼルダに触れた事がない人はこの機会にぜひ遊んでみて欲しい。


■ストーリー
このゲームが長くファンの間で語り草になっている理由。
ぜひその目で確かめて欲しい。
ゲームを進行していく中でミステリーが徐々に溶けていき
最高のエンディングを迎える。リメイクのエンディングは100点だった。

マリオのキャラクターやカービィなんかも出てくるおもしろいゼルダなのでぜひみて欲しい。


【×】
■パネルダンジョン
本作オリジナルで自分だけのダンジョンを作って友達に遊んでもらう事もできるのだが、クリアーしたダンジョンのピースで作るため創造性は物足りない。1ブロックレベルで作れるゼルダメーカーなら確実に良かったと思うが。


■少々迷う
うるりらじいさんというヒントがあるので迷いづらいのだが
今のゲームに比べると不親切に感じる人もいるかもしれない。
個人的にはダンジョンの中で詰まってうーんって悩んだり
じいさんのアドバイスと地図をみながら道を探すのは楽しい。



【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2019/09/25(水) 19:25:05|
  2.  ├Nintendo Switch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アストラルチェイン

【評価 /10】
8点



【○】
■操作が難しいが慣れると楽しい独創的なチェインアクション
プレイヤーキャラはプラチナゲームズにありがちなベヨネッタやニーアのような基本アクション
「3つの武器の入れ替え」「ギリギリでの回避によるチャンス」「コンボ中に成功すると大ダメージのコマンド」というようなものを駆使しつつさらに「レギオン」というジョジョのスタンドのような存在を操って高度な操作を要求するがこのゲームならではの楽しいアクションを楽しむことが出来る。

レギオンは召喚すると敵を自動で殴りに行くのだがZLボタンを押し続ける事で移動を自由にコントロール可能出来る。
プレイヤーキャラとレギオンは鎖でつながっていてこの鎖は敵に巻き付く特性があるので
敵の周りを一周してチェインで縛ってスタン状態にしたり、相手が突進してくるルートにチェイン敷いてひっかけて倒すというような新感覚の遊びが出来る。独創的でおもしろい。

レギオンには5つの種類がいてそれぞれ特別な能力を持っている。
敵の攻撃や相性をみながらレギオンを切り替えて完璧にコントロール出来た時に
プラチナらしいスタイリッシュなアクションを決める爽快感や成長感が得られる。

操作はかなり難しいが、基本のゲームバランス(スタンダード)が少し低めなので
総合的にはほどよい難易度になっているゲームだと思う。


■様々な遊びがテンポよく
警官が主人公なので操作パートとアクションパートを繰り返す。
レース、パズル、RPG、ハードアクションと遊びが豊富で最後までいろんな味がして退屈しなかった。



【×】
■シナリオ
ストーリーを重視していてアクションとアソベンチャーパートを交互にやっていくのはメリハリが効いていて遊びとしては素晴らしいのだが、キャラクターやシナリオの内容に関してはかなりベタで驚きが薄かった。
喋らないタイプの主人公なので周囲のキャラがとても大事なのだがテンプレの範囲内で終わってしまった印象で、それぞれの掘り下げがもっと必要だったと思う。


■レギオンそれぞれの強み
ステージギミックを解く場合に全てのレギオンが必要だが戦闘ではそれほど切り替える必要がない。
好きなレギオンでも進めてしまう、のは別にいいのだが正解を選んだほうが楽だよってのは欲しかった。
飛行には射撃が圧倒的かと思いきやダメージ全然だし、アックスのバリアーを出してもすぐ壊れるので
犬で回避したほうがマシだったりと偏りがちになっていた。


■成長要素
薄味に感じた。スキルが増えてドンドン楽しくなるかと思いきやバフだったりイマイチ使えないスキルだったりな印象で
初期のスキルが強くてそのまま使ってる感じで変化が乏しくここにもう少し分厚さが欲しかった。


■操作や演出で感じるいくつかの不満
・カメラアングルがおかしくなる点が多々
・崖から落ちるストレスが高かった
・見えない壁が多く不自由に感じる部分が多い
・レギオンを動かすときにワープしたり
・Lコマンドの操作で剣の角度を合わせるなど戦闘中はスローモーションが必要かも


【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2019/09/12(木) 21:50:37|
  2.  ├Nintendo Switch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイアーエムブレム 風花雪月

【評価 /10】
9点



【○】
■新しい挑戦
本作はIF異常にRPGらしい遊びを強く入れ、バランスやシステムで遊びやすさをフォローし
新しい層を広く取り込もうという強い意思を感じるチャレンジブルな作品になっている。
古参プレイヤーに拒否反応があるようなリスキーな舵きりだが個人的には成功だと思う。

1)本作は学園物になっており主人公が教師となり、自分の受け持つ学級を選択する。
  ペルソナやガンパレードマーチのようにカレンダーをみながらスケジュール管理をして
  キャラクターの育成や交流を繰り返し部隊を強化、
  交流を繰り返す事でシナリオが展開しキャラクターとの絆を深めていく。
  古参の人にとって様々な意見があると思うが個人的には大歓迎。
  いぶし銀なシミュレーションゲームで遊ぶ人が絞られており縮小傾向にあるジャンルだが
  これを機に多くの人の手に渡りSRPGジャンルが盛り上がるのはとても良い事。

2)新期プレイヤーに最もオススメ出来るFE
  FEはCMで「手強いシミュレーション」と歌って来ただけあり
  他ゲームと比較しても難易度の高さが売りになっているが
  序盤は剣<槍<斧みたいな兵科の概念を弱めにしており
  ダメージバランスも即死級の事故がおきづらい印象。
  レベリングによってジャンケンも覆せる体感。
  段々とプレイヤーを慣らして本来の難易度に運んで行く丁寧な作り。
  
  時戻しという好きな手に戻れる機能や死んでも経験値引継ぎでリトライなど
  救済処置も充実している。
  難易度を上げたり死んでも復活しないクラシック設定、縛りで解き戻しは使わないなど
  自分で細かく決めて行く事で本来の難易度も楽しめる。

3)ストーリー強化
  各クラスに10名ほどのキャラがいてそれぞれがとても魅力的。
  総勢かなりのキャラ数がいるのだがフルボイスでしゃべってくれる豪華仕様。
  サブクエストや引き抜いた時に聞ける特殊なセリフ、そのルートでしか見えない真実など
  物凄い作り込みで驚かされる。 
  
  本作は3つの学級それぞれでしか知れないストーリーがあり
  3週は余裕で楽しめる作りになっている。
  それが煩わしいと思う人もいると思うが
  2週目以降は引継ぎなどもありプレイタイムは縮むようになっている。
  とはいえ全部遊ぶと60時間は余裕で超えるかもしれない。
  

発売前はいろんな意見があったが海外でも高い評価を受けているようで
個人的には多くの層に間口を広げた素晴らしい作品だと思う。
FEに興味を持った人は挑戦してみるのを強くオススメする。



【×】
■グラフィック
キャラは良いのだが特にマップはしょぼく感じる。
見た目の部分はもう少し頑張って欲しかった。


■武器の入れ替えや管理
回数が減った武器を入れ替えたりする手間はやたら古典的で面倒。
改良の余地があった気がする。


■ミニゲームなど
釣り、栽培、落とし物を拾って届ける等々様々な要素が薄味でとりあえず入れてみた感があった。



【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2019/08/22(木) 21:03:32|
  2.  ├Nintendo Switch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている

【評価 /10】
7点


【○】
■グラフィック、マップ、サウンド
グラフィックが一新。
二ノ国2で培ったまるでアニメを動かしているような素晴らしいクオリティ。
過去作で歩いた街を美しく大きなマップで歩けるようになったのは素直に嬉しい。
妖怪ウォッチの現代の世界観がいい個性にあっていて海外でも受け入れられそう。

妖怪たちはかなり減ってしまったとはいえ
最新技術で作られた妖怪たちは良く動きとてもかわいい。

どのマップも魅力的だったし、サウンドも素晴らしかった。
特に1930年代の過去の街が好き。


■ストーリー
シャドウサイドをメインにナンバリングのその後、映画版のストーリーを交えている。
大人も楽しめる内容になっていたと思う。テンポが良かった。


【×】
■戦闘が一新
×の項目に書いているが
二ノ国に限りなく近い遊び心地で一定の面白さは実現しているので△という感じ。
×に入れているのは総合的な理由なので以下

・戦闘
本作から戦闘が二ノ国2にかなり近いアクションになっている。
個人的には1.2のバトルシステムの評価が高くて、
オートベースだが戦況に応じて編成をタイミングよく切り替える遊びで
妖怪のロールに合わせてどう配置するか?など奥深い部分もあり
コマンドバトルの新しい切り口で良い出来だった。

本作から一新。アクションになって直観性は上がったが奥深さという点ではかなり薄くなってしまった印象。
一番の不満点は人間がメインになった事で妖怪の存在感が下がった事。
ポケモンで言うとポケモントレーナーが戦闘の主役になってしまった感じ。
戦闘ではパッとみて各妖怪がなにをやっているのかゴチャゴチャしてわかりづらいし
妖怪のロールの概念が薄くなってランクかレベルが高くて属性相性がいい奴をいれとけばなおOK
みたいな感じになってしまったのは残念。

人間のキャラクターには個性があり十分遊べるのだが、
人間のコントロールがメインになっているのが気に入らない。
個人的には妖怪をメインにしてロールの仕組みも強めにして欲しかった。
本作ベースでも良いのだが妖怪の存在感や重要性をもっとあげる形を続編に希望したい。

・RPGとして
バランスはストーリーで仲間になるやつを入れておけばテンポよく進む感じで壁が少ない印象。
装備をつけてない裸の妖怪がいてもサクサク進めてしまう。
妖怪のロールや特性の重要度が低いため●●に勝つためにこいつを捕まえたいとか装備を揃えたいとかがない。
レベルを上げる、編成を工夫する、対策装備をつけるなどRPGとしてしっかり遊ぶような部分がもっと強く欲しい。

子供がメインだからかもしれないが、もう少しやり応えや深みは欲しかった。
新生によって見た目とか表面的な部分は完璧だと思うので、
次回作以降はやり応えとかディープに遊べるものを増やして欲しい。


■バグ・フレームレート低下
クリアーまでに3回フリーズ。
街でカメラを動かすと処理の遅れを感じる。


【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2019/07/18(木) 21:21:40|
  2.  ├Nintendo Switch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケイデンスオブハイラル クリプトオブネクロダンサーfeat.ゼルダの伝説

【評価 /10】
8点

[ケイデンスオブハイラル クリプトオブネクロダンサーfeat.ゼルダの伝説]の続きを読む

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2019/06/27(木) 21:36:40|
  2.  ├Nintendo Switch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル

【評価 /10】
9点


[大乱闘スマッシュブラザーズ スペシャル]の続きを読む

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2018/12/25(火) 21:08:10|
  2.  ├Nintendo Switch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

砂漠のネズミ団

【評価 /10】
9点

[砂漠のネズミ団]の続きを読む

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2018/11/28(水) 21:15:13|
  2.  ├Nintendo Switch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ゼノブレイド2 黄金の国イーラ

【評価 /10】
8点

[ゼノブレイド2 黄金の国イーラ]の続きを読む

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2018/10/11(木) 21:25:37|
  2.  ├Nintendo Switch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オクトパストラベラー

【評価 /10】
9点

[オクトパストラベラー]の続きを読む

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2018/08/30(木) 21:12:54|
  2.  ├Nintendo Switch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドンキーコング トロピカルフリーズ

【評価 /10】
8点


[ドンキーコング トロピカルフリーズ]の続きを読む

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2018/08/26(日) 18:23:37|
  2.  ├Nintendo Switch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

カウンター

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1165本


チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

コメント

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
当ブログ管理人。腹黒いドS、いい歳してゲームばっかりやってる人


【akaoni】
co-opの相棒。RTS,FPSが得意。
ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。
会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。 最近なろう作家を目指し始めた

RSSリンク

amazon

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
204位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
29位
アクセスランキングを見る>>