ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

Valiant Hearts: The Great War ( バリアント ハート ザ グレイト ウォー )

【評価 /10】
8点


【○】
■アートワーク
素晴らしいアートがこのゲーム最大の魅力。
UBIが最近リリースしたチャイルドオブエデンとほぼ同様で、
少人数規模で最近、平面で素晴らしいアートで世界観を描いているスタイル。
キャラや戦車などの乗り物の動きも非常に躍動感がありいい仕事をしている。
手書きのあたたかみを感じるし、このビジュアルは時代がたっても色褪せる内容ではない。


■シナリオ
第一次世界大戦の時代、戦争に翻弄された家族と、その家族が戦争で出会った人々との物語。
約3700万の犠牲者が出た(wikiで調べました)凄まじい戦争の悲しさや酷さを描いている。
何度も史実や、当時の写真などに触れながらゲームを進めていくため
これは虚構ではなく実際にあった恐ろしい出来事だと痛感させられ、戦争の怖さを考えさせられた。
主人公は人を殺す事を目的としているのではなく、戦場で人を救い、家族のために生き抜く様が描かれている。
キャラクターが非常に良かった。


■簡単だがバラエティのある遊び
遊びはどういったものなのか?については、基本的に銃を撃って人を殺すような遊びはほぼなく
プレイヤースキルが試されるようなものはない。いわゆるにだれでも遊べる。
敵と接触しないように進むステルスアクションや、謎解きがメインになっている。
単調さはなく、アイディアが豊富で最後まで飽きやだるさを感じずに楽しめた。


【×】
■リトライ性は低い
別に悪い点ということではないのだが、一応。
一周6~7時間前後、何度も繰り返し遊ぶようなゲームではない。



【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2014/08/14(木) 21:36:09|
  2.  └PCゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雑記20140818 | ホーム | 雑記20140814>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/2013-9e34dc30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1107本
最新:Horizon: Zero Dawn




チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

コメント

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
当ブログ管理人。腹黒いドS、いい歳してゲームばっかりやってる人


【akaoni】
co-opの相棒。RTS,FPSが得意。
ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。
会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。

RSSリンク

amazon