ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

METAL GEAR SOLID V: The Phantom Pain (メタルギアソリッド5 ファントムペイン)

【評価 /10】
9点



【○】
■小島監督最後?のメタルギアにして新生
今作はピースウォーカーベースのスムーズな操作感に
シリーズ初のオープンワールドをくっつけたようなイメージ。

まず素晴らしいグラフィック、人や動物、マシンの機動なども完璧で
オープンワールドの地形や天候の変化などの表現まで感動のクオリティ。

初めてオープンワールドゲームを作ったとは思えないレベルの完成度で、
ただでかい箱庭ではなくしっかりとレベルデザインが図られた様々な遊びが詰め込まれた内容だった。
ステルスで潜り込むのを正解としていたゲームから
大暴れしたり、アイテムや人を必死で回収したり、
どのミッションも様々な攻略方法があり、十人十色のアプローチを楽しむ事ができる。

ピースウォーカーから始まった敵兵士や車両など回収して自分の軍隊に加える遊びや
マザーベースの建造、装備の開発など立派なRPGばりのボリュームで「収集・成長」を楽しむことができる。

メタルギアは完全に別のゲームに進化しており、新しい試みとは思えないほどの完成度だが
これが小島秀夫さんの、メタルギアの最後の作品になると思うと勿体なくて残念でしょうがない。
このベースを踏まえた次のオープンワールドメタルギアはおそらく史上最高の出来になったのではないかと思ってしまう。


■アクションゲームとしての面白さは完璧
上記にも一部触れているのだが完璧なステルスを目指す、豊富な武器の中から好きな武器を選んで暴れまくる。
相棒を入れ替えてミッション遂行を完ぺきにこなすための作戦をたてるなど
カジュアルに遊ぶならストレスがほとんどなく楽しむことができるし
やりこもうと思えばすさまじいボリュームのミッションと対戦、成長要素が存在するのでトコトンやりこむことができる。



【×】
■テンポが悪い。インターバルの長さ
概ね素晴らしいゲームなのだが、どうしても気になるのは広大なオープンワールドゆえの移動の問題。
マザーベース内の移動やミッションを繰り返す中での「現地までの移動、帰るまでの移動」
ミッションを始めるまで、次のミッションを受けるまでのテンポが悪くストレスを感じた。

ヘリを呼んでから来るのに時間がかかる、そこから飛ぶのに時間がかかる、
ミッション遂行地点から離れた場所に下してどうやって攻略するかを組み立てる、ってのは現実に考えたら当たり前
リアリティを追及している部分だと言うのはよくわかるのだが
積み重ねがそのテンポの悪さを生み出していて「ミッション実行より移動のほうが時間がかかった」
なんてミッションもちょこちょことあるほど。

これによって繰り返し感に単調さを感じたり、
ストーリーが盛り上がったのに次のミッションまでに間が空いて
熱が少し冷めてしまうような勿体ない状況になっていたかなと。

段ボール配送というファストトラベルは一部地域しか使えないし、
コンテナ帰還なんて技は普通知らない&コンテナがある地域しかできないのでちょっとした助けにしかなってなかった。

馬という移動手段がバディの枠に囚われずに利用できればかなり改善する気がするので、
バディの入れ替えの手間とは別枠でいつでも呼べたらよかったかなと。


■未完成?間延びした感覚 余裕のないシナリオ
良い点に書いた自由とボリュームの弊害ともいえるのだが、
オープンワールドになった事で移動の時間が間を取るようになったり
同じマップを使って遊びも似たようなミッションが複数あるような印象を受けた。

シナリオに関してはキャラクターも良かったし水準は高かったし感動するような場面もあったので満足している部分はあるのだが
厳しく言えば過去作ほどの没入間や魅力的なキャラクターがひしめく濃い魅力はなかったように感じる。
個人的にメタルギアのシナリオはシリアスとコメディの混ざり合った独特の世界観が魅力的だったと思うのだが、
1~3と比較して大分そういう遊びの余裕がなかったように思う。

いくつか理由が思い当たるが、間が空いて意識が途切れてしまいがちな点、
シナリオの補助を果たしより深くシナリオの密度をあげる通信がテープになっていつでも聞けるようになった事で
ミッション中に聞こうとすると通信と被って邪魔されたりして逆に聞くタイミングが難しく
ストーリーの補助が適度なタイミングでされなかったりしていた点。

2章で急にお話のパワーダウンを感じる点。明らかに未完成というか
2章は納期などの制限中で重要な所だけなんとか作ったという感覚の部分。

プレイヤー自身が物語を引き継いでいくとうような暗示は理解できるし面白い試みだと思うが、
ファントムペインの中で起こったドラマに対しての落とし込みは素晴らしいのだが、
肝心のビックボスが悪に堕ちていきアウターヘブン蜂起へというような流れには
あまりはっきり描けてなかったんじゃないかな?と思った。

というわけで様々な変更によって過去作の圧縮された密度の高いメタルギア世界が
「薄くなった」という感覚があったのが正直な感想。

本作は素晴らしいゲームではあるのだが、
もっとシナリオも完璧に密度高くできたし、不快適な部分の改善もできたのではないか?
小島プロダクションはもっと完成度の高いものを作れるはずという今までの作品からの期待値があるので
何か物足りなさを感じてしまったのが正直な所。


■UI
このゲームで特に気になった悪い点のテンポともう一つがUI。
どんどん機能が格納されるのだが、相当遊びこんだあとで
あれ?あの機能どこだっけ?とわからなくなる。
項目が乱雑で機能のしまい方が下手なんだと思う。

あとメインミッションのなかに昔のミッションの難しい版を番号降って並べるのも良くないと感じた。
番号上は続きなのにプレイすると昔のストーリーが流れてしまう。
EXミッションだったら一番下に並べるとかもうちょい工夫は出来たかなと。


■操作
一般的なゲームと違えているものもあって独特でやりづらい。
アクションボタンに様々な行動をアサインしているせいで重なったときにイラつきもある。


■オンラインが不安定
初日から不安定でしばらく経った後も突然切断されてしまったりと
追加でお金をとるにはサービスの内容に問題がありすぎるかなと。



【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/09/24(木) 21:12:40|
  2.  ├PlayStation 4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スーパーマリオメーカー | ホーム | ブレイブリーセカンド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/2095-d908f1ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1113本
最新:アウトラスト2




チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

コメント

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
当ブログ管理人。腹黒いドS、いい歳してゲームばっかりやってる人


【akaoni】
co-opの相棒。RTS,FPSが得意。
ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。
会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。

RSSリンク

amazon