ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

龍が如く極

【評価 /10】
7点





【○】
■初代の良リメイク
・錦の空白の十年を描く
初代では親友が鬼に変わる過程が描かれなかったが、
今作はその部分が描かれ物語はより深みを出している。
やはり初代シナリオは面白い。

・どこでも真島システム
真島の兄さんが飯を食っていてもキャバで遊んでいてもミニゲームを…
とにかくあらゆる場面で襲いかかってくる。
兄さんと戦う事で「堂島の龍」スタイルという最強の戦闘スタイルが強化されていく仕組み。

過去作を遊んでいる人は真島の兄さんの強さを知っていると思うので
そんなのめちゃくちゃメンドクサイ事になるんじゃないか?と想像するだろうが
序盤はメタルスライムのような存在で、パターンにはめるとサクサク勝てて経験値もどっさりくれるので
自分からあたりに行くくらいの価値になっていて良いバランス。
やりこみレベルの最終盤は逃げたくなるほど強くなるが…
真島の兄さんファンには楽しい内容で、多彩なイベントで終始笑わせてくれる。

・グラフィック
最新作のグラフィックに一新。

・バトルシステム
最新作のチンピラ、ラッシュ、破壊屋というようなスタイルの仕組みを使用。
初代でてこずっていたような相手もスタイルを合わせることで楽に戦うことが出来たりする。
スタイルを無視して遊ぶと大分単調になりそう。悪い点に追記。

・新要素
メスキングやポケサー(ミニ四駆)などのミニゲームが追加されているのだが、
結構しっかり作ってあり横道の遊びも結構遊べる。


龍が如く安定のクオリティでテンポよく楽しむことが出来た。
初代を遊んだ人も


【×】
■どこでも真島イベントの弊害
初代では真島の兄さんが出てくるイベントが限定されていたのだが
今作は冒頭から登場しその後もプレイ中しこたま襲い掛かってくる。
これによって失ったものがある。

・本編イベントとの繋ぎ。
散々出てきたのにそのまんま久しぶりやないか…と出てきてしまったり
ダメージを受けたシーンの接続を強引なサブイベントでつなげていてあまりのお粗末に感じた。

・真島の兄さんの価値。
初代のリメイクという事で本作から初めてやったプレイヤーは
「いっぱい出てきてうざい」「変な奴だな~」という印象しか持たなかったのではないだろうか?

当時本編の登場イベントで強烈な印象を受け、それ以来大好きになってしまった真島の兄さん。
何処までが本気で、どこまでがおふざけなのかわからないような狂気の行動に、
怖さとなんだか憎めないおもしろさが共存し、そのキャラクターに凄く引き込まれた。
今回はバーゲンセールのように登場していておふざけMAX。
本編の接続も雑で、かなり安っぽいキャラになってしまったような気がする。
何事も適量が大事という事かな。


■ボス戦
これは龍が如く全般に言えるのだがボス戦がつまらない。
異常なほど堅いとか隙がない敵に対して、ちまちまと地味な事を物凄く長くやらなきゃいけないことが多く
雑魚戦にあるようなコンセプトと全然遠い戦いになってしまう。
もう少しやりごたえと爽快感を兼ね備えたボス戦を実現して欲しい。


■戦闘が単調になりがち
結論から言うと雑魚戦が単調になりがち。
これは龍が如くがシリーズを重ねて徐々に落ちてきている所でもある。(過去レビュー)
スタイルを入れたことで遊びの多様性は出ているのだがスタイルを積極的に変えない場合
遊びが3つに散ってしまう危険性があって実際大半のユーザーが便利なスタイルばかりを使って
単調なルーチンを繰り返しているのではないかなと思う。
今作も周りに自転車や看板があると壊し屋が圧倒的で、それ以外は
チンピラのコンボでのけぞらして投げてヒートアクションっていうのが多かった。

あとヒートアクション。
実際に使用されるヒートアクションが同じものばかりになり単調に感じやすい。
遊び手がスタイルを入れ替えたり状況を熱心に作らないといろいろヒートアクションの種類を見ることが出来ないので
掴んで壁を使う、倒れている奴に使う、武器で使う、超スタイルの極み当たりも3パターンしかなく
それらの使用頻度が高く同じようなものばかりみて飽きを感じやすい。

スタイルを分けるのは否定しないが、それぞれにもっと豊富な攻撃やヒートアクションのバラエティが必要かな?と思う。
普通に遊んでいてもっと多彩な状況が起こるような工夫を改良してほしい。


■超スタイルの極み
敵がダウンした時に表示される色に応じてスタイルを変えて超技を撃つようなイメージなのだが
1)超スタイルの極みの演出が格1つしかないので飽きる
2)攻撃を決める間に相手が回復していくのが面倒




【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/01/29(金) 21:43:25|
  2.  ├PlayStation 4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今週のフェイさん「ドラクエビルダーばっかりやってました」 | ホーム | 今週のフェイさん「ドラクエビルダァ! ほか」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/2124-d923360b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1107本
最新:Horizon: Zero Dawn




チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

コメント

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
当ブログ管理人。腹黒いドS、いい歳してゲームばっかりやってる人


【akaoni】
co-opの相棒。RTS,FPSが得意。
ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。
会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。

RSSリンク

amazon