ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

ラチェット&クランク THE GAME

【評価 /10】
8点


【○】
■アクションゲームのお手本
本作はPS2で14年前に発売された初代のフルリメイク。
ただの移植のようなリメイクではなくグラフィック、システム、様々な部分で大胆な変更を加えて
ラチェット&クランクの復活にふさわしい「集大成」のような仕上がりになっている。

・映像の大幅進化
ピクサーアニメーションのようなグラフィックでまだにCGアニメを動かしている感覚。
マップの作りこみは半端ではなく背景の細かい所まで動いていて
新しい星につくたびにワクワクしてしまう。

本作のゲーム発売と同時にCGアニメーション映画が作られていて
ムービーシーンは映画さながらのクオリティ。

・超爽快アクション
まずは操作性。自分の思ったように動く手触り
飛びながら武器を使ったり、簡単な操作で大きなリアクションがかえってきたり
基本中の基本が完璧に出来ている。

アクションの目玉であるラチェットの使うガラメカは
初代の枠にこだわらずフューチャーシリーズなど他作品から面白いガラメカを集めていて
多彩な攻撃手段を楽しむことが出来る。
バランスはノーマルでも厳しい体力バランスだがガラメカの攻撃力は凄まじいものが多く
大量の敵を一瞬で焼き払う無双的な快感を得られる。

・ストーリー
初代のストーリーをベースにキャラクターにさらなる味付けをしているようなイメージで
アニメを見ているような感覚で楽しめる。

●ックではなくこれがPS4のローンチにふさわしいアクションゲームかなと思う。
PS4を持っていてアクションが好きな人には強くお勧めできるゲーム。
この作品を機にシリーズ復活が大いにあり得るクオリティだった。


■やりこみ
収集要素や強化からのハードモードなど
やり込もうと思えば長く楽しめるようになっている。



【×】
■一部ガラメカが強すぎる
バウンダーなどが強すぎる感覚。逆に極端に使いづらいガラメカもあり
小さい子供が対象になっていて好きな武器を使って
全部倒せるようにしているバランス感なのかもしれないのだが、
個人的にはもっとそれぞれが活躍する場面が作られていたら良かったかなと。




【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/08/25(木) 21:12:53|
  2.  ├PlayStation 4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 | ホーム | 討鬼伝2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/2170-107e7ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1113本
最新:アウトラスト2




チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

コメント

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
当ブログ管理人。腹黒いドS、いい歳してゲームばっかりやってる人


【akaoni】
co-opの相棒。RTS,FPSが得意。
ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。
会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。

RSSリンク

amazon