ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

ディスオナード2

【評価 /10】
9点


【○】
■自由な攻略とそれに応える素晴らしいステージ
前作同様プレイヤーがステルスで一切誰の目にも触れずに攻略するか、
見つからないように暗殺するか、正面から敵をなぎ倒すか自由に選択出来る。
この言葉までなら多くのゲームで実現しているものだがこのゲームはその自由度が凄まじく
「正解」の数が非常に幅広いのが特徴。似たものを上げるならヒットマンシリーズは近いイズムがあると思う。
ステージには多くの侵入ルート、暗殺方法が準備されていて
プレイヤーはどうやって攻略しようか?と考えて様々な事を試しそれによって起こる
多彩な結果を楽しむ事が出来る。

主人公は瞬間移動や相手を洗脳したり相当チートっぽい能力を使えるのだがそれを全力で使用しても
簡単には攻略させてくれない難易度の高いステージは、何度もリトライしながら試していくうちに
多くの発見と驚き、喜びがあってゲームとして本質的な面白さを実現している
プレイヤーの創造力に応えてくれる素晴らしいゲーム。
1つ1つのステージにかなりの洗練さを感じ、前作を大きくしのぐ完成度だった。


■奥深い遊び心地 リプレー性
主人公が二人になりそれぞれ異なるスキルを持っている。
前作のようなボーンチャームの組み合わせて自分好みにキャラをカスタムするRPG的な部分も増量
ステージの作りこみはあがり難易度をあげたり自分なりにスコアを目指して攻略することでエンディングも変化。
リプレー性の高い遊びも可能。
ステルスゲームが好きな人はぜひこのゲームをやってみて欲しい。


■アートと音楽
スチームパンクの世界観とアメコミっぽいアートが最高。
音楽も素晴らしい。



【×】
■コルヴォの声
棒読みなのは残念。吹き替えにしてくれたのはありがたい。


■テキストで補助しすぎている
世界観やストーリー部分をテキストでフォローして
アクションのテンポ感を重視しているのだが
その辺をテキストではなく、サブクエ(任意の寄り道)だったり
もっとゲームっぽい所に落として欲しかった。


■スキルの入れ替え
ショートカットを4つじゃなく斜めも入れて欲しい。




【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ

テーマ:PlayStation 4 - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/12/27(火) 21:58:48|
  2.  ├PlayStation 4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15) | ホーム | 龍が如く6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/2188-b99f04aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1107本
最新:Horizon: Zero Dawn




チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

コメント

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
当ブログ管理人。腹黒いドS、いい歳してゲームばっかりやってる人


【akaoni】
co-opの相棒。RTS,FPSが得意。
ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。
会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。

RSSリンク

amazon