ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

クォンタムブレイク

【評価 /10】
8点



【○】
■海外ドラマのような…ではなく本当に。
近年ハイクオリティのアドベンチャーゲームを遊んでいると
まるで「海外ゲームを見ているような」という表現を書くことが多いのだが
この作品はなんと実写の海外ドラマシーンとゲームパートを交えながら展開していく。
アランウェイクを作ったスタジオなので挑戦的な作品になっているのも納得。

海外ドラマと違ってこちらは「ゲーム」なので選択によって分岐が存在し、
当然実写パートも分岐次第で見られる映像が変化する。
こういった技術的な点は置いといてシナリオはどうなの?っていうと純粋におもしろい。
タイムリープものはハズレが少ないという印象があるがこれも例に漏れず面白いシナリオになっている。
個人的にはアランウェイクの方が題材も内容も好きだがこれも十分続編を期待できるクオリティだった。


■時を操るアクションゲーム
時が止まった空間を作り出してそこに弾丸を撃ちこみ、数秒後一斉に飛んでいく(DIOのナイフ投げ)
自分だけ時を加速し高速移動して一方的に攻撃と、こんな力主人公に持たせたらダメだろってレベルの
無双っぷりを堪能する事が出来る。

特に素晴らしいのは演出。時を止めた時に破壊した破片や爆発するエフェクトがゆっくりと動いたり、
自分が高速移動するときに敵の弾丸を目で見て避ける事が出来たりっていう体験が本当に素晴らしく。
こういった時間操作のゲームは数多くあれどここまでのハイクオリティで形にしたゲームは記憶にない。


【×】
■アクションと敵のパターン
体験としては素晴らしいがボリュームとしては少々寂しい。
同じ敵との繰り返し感があるので次回作に期待。
あとコンテニューも大きめに刻んでいる。


■ローカライズ
テキスト翻訳のみな上に残念ながら不完全で
ラジオや重要なメッセージなどでも漏れがある。


■未完のストーリー
続編につながるようなストーリーとなっている。
アランウェイクよりはマシかな?(笑)


【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ


テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2017/02/09(木) 21:17:29|
  2.  └PCゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<グラビティデイズ2 | ホーム | D4 Dark Dreams Don't Die (ダーク ドリームズ ドント ダイ)>>

コメント

Re: 楽しかったです!

いつも遊びにきてくれてありがとうございます!
タイムリープ物は良作が多いイメージがありますがこれも例にもれず良い作品でしたねー。
  1. 2017/02/13(月) 11:00:04 |
  2. URL |
  3. fei #-
  4. [ 編集]

楽しかったです!

feiさんこんばんは。
クォンタムブレイク、確かに演出がとても素晴らしかったですね!
タイムリープものは「時のひずみ」を見るのが私の楽しみのひとつなので、
#1の時点で既に感動していました笑

元気がないときにfeiチャンネルで笑わせてもらっています!!
また実況を見にいきますね♪
  1. 2017/02/11(土) 02:52:07 |
  2. URL |
  3. kabpan #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/2194-a7e84e90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1118本
最新:スプラトゥーン2




チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

コメント

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
当ブログ管理人。腹黒いドS、いい歳してゲームばっかりやってる人


【akaoni】
co-opの相棒。RTS,FPSが得意。
ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。
会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。

RSSリンク

amazon