FC2ブログ

ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

ゼノブレイド2

【評価 /10】
8点



【○】
■戦闘
前作のMMORPGのクラウドコントロールバトルがベースでさらに追加要素が足されたイメージ。ブレイク→ダウン→ライジング→スマッシュという4連携を的確に決めるのとは別に属性攻撃のようなものも同様の連携コンボになっていて火→水→…というようにつなげて必殺スキルを発動させたり、さらに大ダメージを出すためのコンボや要素が数多くある。複雑で理解に少し手間取るが、わかってしまえば様々な事をいかにさ最大効率で運用するかの楽しさがあって忙しくやり応えがあっておもしろい。今回は過去作にさらに上乗せした形だが次はスマートでやりつつやりがいがあるものにも挑戦して欲しい。


■フィールドマップ
ゼノブレイド、ゼノブレイドクロス同様広大なマップは素晴らしいクオリティ。1つのマップに様々なモンスターが生きているような箱庭が上手に作られている。レベル10くらいのモンスターがいる少し奥にレベル90の巨大なモンスターが闊歩していたりと
今後のわくわくを感じながら冒険を楽しめる。マップは複雑で細かい抜け道なども多数存在しマップを探検していると様々な発見があり作りこみに驚かされる。


■キャラクター
前作は暗いトーンだったが、今回は明るいテイストをベースに斬新さはないが王道の物語で綺麗にまとまっている。
ドラマの見せ方や音楽の挿入など全体的にクオリティが高く質の高いストーリーを楽しめる。
キャラクターが魅力的で愛着がわく。掛け合いなどもおもしろい。


■ボリューム
メインシナリオ、広大なマップの探検、サブクエスト、育成要素、寄り道の遊びなど
遊びが非常に豊富で普通にクリアーするだけでも普通のRPGの倍くらいはかかるイメージ。


■BGM
シリーズのもはや目玉となっているが今作も音楽が素晴らしい。



【×】
■複雑、不親切、作りが甘い部分が多々
遊びとしての面白さは確実にあるが要素が増えてゲームがさらに複雑化した部分を
ガイドやUI、システムフォローでガイドしきれておらず難解だったりストレスを感じる要素が非常に多い。
全体的にいろいろ詰め込んでみたけどそこからブラッシュアップしきれなかったのかな?と感じるようなクオリティで
粗削りのまま発売してしまったようなゲームだった。

・UI
全体的に出来が悪い。階層が複雑に別れすぎて使いにくい。
要素が多すぎるゆえってのもあるが装備はどこだブレイドのあれは何処だと混乱しやすい。

・ミニマップ
かなりひどい。近年の大型RPGで当たり前に利用していたような使い方が出来ない。
クエストの場所などもわかりづらく地図を開いて目的地を決めて遊ぶというような部分もやりづらい。

・パーティーメンバーを操作できないのにAIがアホ
遊びが高度なのでAIの行動要求が高くそれに見合ってないAIのためストレスを感じる事が多い。
コンボはNPCのスキルを編集などを調整すればある程度コントロール出来るのだが
アホな奴のためにこちらが準備したり合わせるような作りなのは悲しい。
回復方法のメインとして回復ポッドが場に出てくるのだがそれを全然拾ってくれなかったりもする。
信頼できる仲間と共闘したいところだが現実はプレイヤーが仲間のお世話を頑張らないといけない感じで悲しい。

・こんなロールをやってみようというのがやりづらい
ガチャの引きもあるしユニットの装備など様々な要素の調整が面倒で気軽にロールを変えたりしづらい。

・R指示の反応が悪い
敵のターゲット切り替えや退却命令など思ったように出来ずストレスを感じることが多い。

・サブクエストの行先がわかりづらい
世にある様々なゲームと比べて非常に遊びづらい。
ガイドやマップ、1つの枠にまとめて入れてあるが解き方に違いがあってルールがバラバラなどいろいろ原因がある。

・チュートリアル
遊びを伝えきるには足りないと思う。


■フィールドスキル
パーティーメンバーを入れ替えないと発動できないというのは本当にテストした?というレベル。


■オートセーブ
switchはオンライン更新による再起動もあるし携帯モードも有るゲームなので充電が切れるとかスリープモードしてると
やり直しになる危険性があるゲームなのでもっと細かくセーブを刻む必要があると思うが大きな区切りしかセーブ指示がない。


■ガチャ要素
「ブレイド」と言うジョジョのスタンドのような存在で攻撃スキルがキャラ別に設定されているのだが
入手手段がいわゆるガチャになっているのでプレイヤーによって特に序盤の編成などに差があって
他人と情報交換した時におもしろいのだが、
悪い点としてはドラクエいうならばメラやホイミのようなスキルがランダムで手に入るようなものなので
ゼノブレイドは前作同様スキルを順番に入れていくことで大きなダメージをだすコンボになるのだが
引きによって手持ちのスキルが異なるので人によって少々体験が狂いやすい。
高度なゲーム理解が必要でレアブレイドばかりにせずにコモンもうまく利用すれば解決するのだが
多くの人はレアブレイドを使いたいのでおかしくなりやすい気がする。
コモンブレイドは使ったほうがいいデザインなのだが使う気が起きないくらい汎用的。



【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2017/12/28(木) 21:55:02|
  2.  ├Nintendo Switch
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<俺的game of the year 2017 今年のNO1ゲームを決めます! | ホーム | ウルフェンシュタイン2 ザ・ニューコロッサス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/2230-05bd095c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1133本


チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

コメント

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
当ブログ管理人。腹黒いドS、いい歳してゲームばっかりやってる人


【akaoni】
co-opの相棒。RTS,FPSが得意。
ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。
会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。

RSSリンク

amazon

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
36位
アクセスランキングを見る>>