ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

戦場のヴァルキュリア4

【評価 /10】
9点


【○】
■無難に堅実に作った新作
最新作「蒼き革命のヴァルキュリア」は外伝というのもありRPGに寄せかなり挑戦的な作品だったのだが、結果商業的にも評価的に振るわなかった。それもあってか本作は世界観設定も1作目の主人公であるウェルキン達とは別の戦場で戦っていた部隊という設定かつ、システム的にも1.5と言ってもいいくらい守りに入った作品になっており、挑戦という点では乏しいが従来のファンにとっては満足度の高いゲームに仕上がっている。


■初代をベースに進化した戦闘システム
上記の通り1作目+αというようなイメージなので基本となるシリーズ恒例の戦闘システムBLiTZは素晴らしい。
UIや操作感なども1をやっている人はすぐに遊べるほど差がないしバランスも歯ごたえがある従来のイメージに近い。
他にも成長要素、ポテンシャル、キャラクターの相性、武器収集などの要素に変化はなく1作目の仕掛けは全てあると言える。
当然一切の変更点がないわけではなく、本作からの新要素も数多くありそれらはさらに戦略性を広げるものばかりで概ね良い追加要素ばかりだったのだがここでは新要素にフォーカスして細かく評価していく。

・新兵科「擲弾兵」
わかりやすく言うと迫撃砲。今までの線を意識して動くゲームで建物や土嚢、戦車の影に隠れる事で優位を取れたが、擲弾兵は放物線を描いて面の攻撃をしてくるため初代までのセオリーが崩れさらに奥深い戦略が必要となった。長射程な上に視界を取っている状態だと移動中への迎撃まで行う凶悪な存在となっており、相手の擲弾兵を抑えてこちらの擲弾兵を見晴らしの良い高所に置くことで敵の歩兵をかなり追い詰める事が出来るほど強力な存在になっている。とはいえ弱点がないわけではなく本体に近づかれれば無力かつ、爆破属性に耐性をもつユニットや兵器を使えば完封も可能で良く出来ている。

・コープ 隊長指名
本作は隊長ユニットが「直接指揮」を発動する事によって最大2名の兵士を引き連れて一度に移動が可能になった。例えば偵察兵が移動力のない対戦車兵と突撃兵を同時に長距離動かして一気に勝負を決めるような事が可能となっている。当然攻撃すれば同時に発射するためかなりの火力も出せる。さらに自分が好きなユニットを指定して隊長ユニットにする事が可能になった。

・巡洋艦センチュリオン
本作は戦艦からの艦砲射撃やレーダーによる索敵、救護車両を派遣などが可能となった。初代で敵ボスが使用していたような予告爆撃が自軍でも使用可能となった。

・対戦車兵器が増加
前作は敵の対戦車があまり脅威になっておらずヴァルキュリアくらいしか対抗できないイメージだったが、対戦車兵とは別に戦車に対して有効なダメージを迎撃発射し続ける対戦車砲や、対戦車仕様の擲弾などが増えたため大雑把に戦車を動かす前に考える必要が増えた。

・ブレイブ
瀕死状態になる際に「最後の反撃」「行動力を託す」などの選択が可能になった。

・車両の増加とカスタム
前作に概ねあった要素だが見方を運ぶ装甲車や砲塔を変更可能な戦車など戦略に応じて使う車両の種類が増えた。

・オーダーの増加
さらに豊富なオーダーの数々で複雑な戦略が可能になった。

新要素の数々も成功しており総じて初代を遊んだプレイヤーには満足いく内容になっておりさらに歯ごたえが上がった感じで安定の良作となっている。



■グラフィック
シリーズ恒例の水彩画のようなグラフィック表現は相変わらず強い個性になっている。


■ボリューム
本編だけでもかなりのボリュームだがやり込み要素が多い。



【×】
■敵のAI
初代と全く差がないレベル。これだけ本格的な戦略ゲームなので、無謀な動きをして無駄死にするみたいな行動はさすがにやめてほしい。


■隊員断章の出現条件
様々なキャラクターのサイドストーリーでキャラの魅力を深め、能力が向上する。
これの発動条件がかなり時間がかかる仕様になっていてクリアまで一部しかでないで
キャラへの思い入れが深まることなくクリアという人も多い設定でもったいない。
入手時に発動するくらいでいいと思う。


■UI
残弾の確認がしづらかったり地図でいつでも細かい情報が見れなかったりとかゆい部分がある

一部の演出のカットや敵の行動ターンにロードをするなどが出来ないので不便。





【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2018/04/19(木) 21:14:49|
  2.  ├PlayStation 4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二ノ国2 レヴァナントキングダム | ホーム | 星のカービィ スターアライズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/2243-3f1c531b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1133本


チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

コメント

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
当ブログ管理人。腹黒いドS、いい歳してゲームばっかりやってる人


【akaoni】
co-opの相棒。RTS,FPSが得意。
ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。
会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。

RSSリンク

amazon