FC2ブログ

ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

ASTRO BOTRESCUE MISSION(アストロボットレスキューミッション)

【評価 /10】
10点


【○】
■PSVRの傑作
アストロボットは完全にノーマークで海外の格メディアが大絶賛しているのを見て焦って購入した。
そのメディアの1つが「このゲームがマリオで出ていたら何処も満点をつけただろう」と語っていたのだがそれには理由がある。
このゲームを簡単に例えるならPS4で遊べるVR版3Dマリオなのだ。こう聞くとただのパクリのように感じるだろうが、驚くような豊富なアイディアとゲームデザイン、楽しいアートとキャラクター、全てのステージで驚きがあり作りこまれているレベルデザイン。
マリオをもしVRゲームに落とし込んだらこんな形になるだろうという理想をほぼ満点の形で実現し本家マリオに引けを取らないほど良く出来ている。
PSVRを持っているなら絶対に買うべき一本


■PSVRという不出来なデバイスを考慮した上で作られている
自分は正直それほどVRゲームを遊んでいない。
その大きな理由としては、VRゲームの多くはWiiなどに近い思想で体感型の者が多いのだが
PSVRはデバイスとしてはっきり言って不出来で邪魔なケーブルがヘッドセットにつながっていて拘束感があるし
ゴム臭いし頭の締め付けは強いしMOVEを振り回すにはスペースを確保しないと緊張が走るとストレスが多い。

だが、このアストロボットはMOVE不要でPS4のコントローラーで手軽に遊べて
プレイヤーは基本定点にいて辺りをを見回したりする程度が基本。
強制の画面スクロールも少ないので酔いづらい。
PSVRを考慮した上で負担小さくベストな体験を目指して作られている。


■斬新なVR体験
ベースは3Dのマリオを想像して欲しい。
プレイヤーはその世界に中に鎮座していてVRならではの体験をする。

・覗く、探す
後ろを振り返ったり上を見上げたり大きなジオラマが横に会ってそこを動き回るキャラクターを動かしている感覚。
オーソドックスな3Dアクションでも頭の真上のある鉄骨を渡るキャラを見上げながら操作したり、
遠くの細い溝の中を走って行くキャラを覗き込みながら操作するなど斬新な感覚になって楽しい。
他にも腰をかがめて覗いて見つかるアイテムがあったり少し身を乗り出して壁の裏を見るとキャラクターが手を振っていたりと
発見の楽しさが隅々まで仕込まれている。

・かわす、ぶつける
一部の敵はプレイヤーを攻撃してくる。それはネバネバの体液をつけて視界を奪ってきたり
弾丸が当たって一時的に視界が破壊されてしまったりする。
敵の弾を首を振ってかわしながらキャラクターにジャンプアクションをさせるようなステージや
ボールのヘディング対決をしたり、壁を頭突きで壊すようなギミックもある。
プレイヤーとキャラクター両方をコントロールする感覚が新鮮で過去に体験した事がない唯一無二の体験を与えてくれる。

アストロボットは今後のVRゲームの可能性を広げてくれたタイトルだと思っていて
VRならではの遊びとコントローラーを握って遊ぶ普通のアクションゲームの中間のような遊び心地になっている。
よくある3DゲームをベースにVRのおもしろさを負担の領域に入らない程度に抑えつつ融合しており
この形であればこんなゲームも出来るかも?と思えるような可能性を感じるもので
アストロボットをイメージしたハイブリッドなゲームの良作がもっと増える事に期待してしまう。


■とにかく丁寧な世界観とゲームデザイン
アストロボットを買わなかった最大の理由は「キャラクター」
過去にプレイルームでも登場していたのだがそこまで愛せなかったのだ。
だが、このアストロボットを遊ぶとアストロ君を大好きになってしまう。
謎解きをどうしようかなってコントローラーを動かさないでいると
こちらを向いて手を振ってくれたり綱渡りをさせるとおびえた様子ながら頑張って渡ってくれる
ステージに点在する仲間達もコスプレしてダンスをしたり怯えて隠れていたりと愛嬌たっぷりで見ているとどんどん愛着がわいてくるのだ。
このタイトルでアストロボット達を好きになって!という作り手の思いがありありと感じられる。

1ステージも退屈なステージはなく、ボス戦も驚きのアイディアと高度なデザインで作られており
声を上げて楽しむ部分とアクションゲーム好きがマジになって攻略に挑む中間くらいの絶妙なデザインになっている。




【×】
■PSVR
このゲームに弱点はほぼない。
強いていうならば…もしワイヤレスで軽く快適だったらもっと最高
PSVRで遊ばなければいけない事が唯一足を引っ張っている。






【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2018/11/22(木) 21:28:31|
  2.  ├PlayStation 4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<砂漠のネズミ団 | ホーム | でたらめゲームレビュー 「クワイエットマン」 (ゲスト著者:よれよれ将軍)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/2268-df1168ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1200本↑


チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
ブログ管理人。いい歳してゲームばっかりやってる人。殴り書きのレビューでごめんなさい!読んでくれてありがとう。


【akaoni】
相棒。ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。 最近なろう作家を目指し始めた

amazon

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

コメント