FC2ブログ

ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

仁王2

【評価 /10】
8点



【○】
---仁王2というより仁王2.0

 簡単に言うと前作が好きな人は間違いなく買い。様々な点で変更点はあれど基本的に前作に連なるイメージで初代本編が1.0、DLCが1.5、本作が2.0のようなイメージで、心機一転の続編というよりアップデートを重ねたような印象に近い本作。Team NINJAが作る上質の歯ごたえのある死にゲーアクション、ランダム能力の装備収集や複雑なビルド成長の楽しさ、日本戦国時代を舞台にしたストーリーや世界観など従来の仁王ファンが求めるものは全て揃っているようなイメージ。

 本作の舞台は前作より過去に戻り後の秀吉である藤吉郎の成り上がりに沿ってストーリーが展開していく。有名な数々の歴史エピソードのIFストーリーは相変わらず楽しいしなにより新マップや新妖怪たちのデザインがとてもよく次はどんな妖怪が出てくるんだろうあの武将はどんな姿で出てくるんだろうあの戦場をどんなマップで表現してくれるんだろうと終始堪能できたのが良かった。


---マルチプレイが3人になり「死にゲー」をカジュアルに楽しめるようになった

 前作からの変更点はたくさんあるのだが、大きく変わったと感じるポイントの一つがコレ。仁王はソロで遊ぶと「戦国死にゲー」の名に恥じない歯ごたえあるゲームだが、マルチプレイになるとカジュアルな遊び心地になる。

 そもそもSKIROのようなプレイヤースキルをひたすら問うゲームではなくレベリングがあるのでレベルを上げて装備を整えると難易度は丸くなるのだが、マルチになると極端にその難しさが損なわれてしまいがち。本作ではこのプレイヤーの遊び方にかなり選択肢があって、ソロで歯ごたえも感じつつ助けて欲しいって人はNPCの味方を呼び出す「義刃塚」というシステムがあり一定時間付きしたがってくれる味方を召喚できるので厳しい敵の時だけこれを呼んで少しの間弾除けをしてもらう事が出来る。マルチで気楽にやりたいという人はこれまで通りソウルライクにホストの部屋に参加して死んだら抜けていく「一期一会」、最初からパーティーを組んで入って1つのHPバーを共有し何度も蘇生できる「常世同行」などステージに長さ合わせて使い分ける事で遊び心地を選択出来るようになっている。前作より出来るだけ多くの人に遊んでもらおうという意思が見える。

 フレンドと遊ぶ人はお互いクリアしてないステージも常世同行で一緒に攻略できるし、パスワード入場などの機能も完備しているので文句なしの出来という感じ。


---妖怪技

 敵妖怪を倒していると稀にドロップし、装備するとその妖怪の特徴的な技を使うことが出来る。これがコンボにつなげることが出来るものもありビルドの1つとして楽しむ事が出来る。


---キャラメイク

 本作はオリジナルアバターを作る事が出来るのだが、このキャラメイクツールがとんでもなく出来が良くSNSで有名人や既存IPキャラクターなどを作ってバズっていた。しかもこのキャラクターがそのままシナリオムービーにも反映するので、シリアスな雰囲気を台無しにするおもしろムービーを楽しむ事も可能。



【×】
---シナリオの不満

 歴史を知っている前提でテンポよく進む。いい面もあるのだが、人物の細かな描き方をしていないのでストーリーがオマケっぽくなっているのは残念に感じる。終盤の見せ方が良いだけにせめてもう一人の主人公である藤吉郎はもっと細かく人物を掘り下げた方がドラマが強くなったのかなと思う。


---スキルツリーがわかりづらい

 元々ステータスの振り方が武器によって違うややこしい所があるのだが系統別にそわせたはずのスキルツリーが異様にわかりづらい。パッシブとアクティブをごちゃ混ぜに散らしているのも原因の一つかもしれない。


---少し離れた敵がコマ表示になったりフレームレートの低下

 同一画面に沢山表示するのに技術的問題があるのか敵の映像がぼんやりした表示になったりフレームレートが落ちたりラグで飛んだりする。即死ゲーなので問題としては大きい。



【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2020/04/03(金) 21:32:23|
  2.  ├PlayStation 4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パンツァードラグーンリメイク | ホーム | ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/2327-da403a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1200本↑


チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
ブログ管理人。いい歳してゲームばっかりやってる人。殴り書きのレビューでごめんなさい!読んでくれてありがとう。


【akaoni】
相棒。ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。 最近なろう作家を目指し始めた

amazon

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

コメント