fc2ブログ

ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

Marvel's Spider-Man 2

【評価 /10】
9点



【評価のざっくりした基準】
10:神ゲー
9:良作の一線を超える
8:良作
6~7:問題はあるが魅力がありオススメ
4~5:不満が多いので人を選ぶ
0~3:残念


【良い点】
Marvel's Spider-Manの集大成


過去2作のレビューでも挙げているような
圧倒的なオープンワールドの移動の爽快感、シンプルでリアクションが大きくプレイヤーがまるでベテランのスパイダーマンに乗り移ったようなように戦えるバトル。このあたりはスペックアップによって表現の幅も大きく広がり進化している。

過去2作ともプレイステーションをこのために買ってよいと言えるほど牽引する代表的なタイトルだったが、個人的に遊びの幅が狭かったり、バトルはステルスの遊び心地が悪かったり、ストーリーももう一歩ドラマが足りなかったりとどこか明確に足りない部分があった感想だった。

本作ではスキルやガジェットがかなり増え、ヴェノムの能力のアクションは凄まじい映像表現もあってなりきれる感覚がファン的には最高。二人のスパイダーマンそれぞれ能力が異なり交互にプレイする事で退屈は感じずスキルツリーも豊富になってクリアまで遊びが拡張していく感覚が失われず良かった。ステルスでは自分で好きな場所に糸を貼ってクリエイティブなステルスハントが出来るようになったのも大きい。

2人のスパイダーマンが織りなす物語も素晴らしく登場人物も多くなり様々な角度からドラマが描かれ深みを増した。戦わない日常部分をプレイヤーが操作できる場面が増えたのも凄く良かった部分。メインストーリーは最後まで夢中で楽しむことが出来た。

新しく生まれ変わったというものではなくシリーズの強みをさらに伸ばし弱点も塞いだような完全版のようなゲーム。
原作ありきのゲーム化作品の到達点。PS5を持っているならこのゲームは買うべき。


圧倒的なユーザビリティ


細かな表現がされたオープンワールドを高速で移動して全くフレーム落ちを感じずにスピーディーな爽快感。目的地への誘導やアクティビティのUI。オープンワールドの好きな場所へ一瞬で移動できる快適性。当たり前の事をこのレベルでやることは実は難しくて誰が遊んでもスムーズに遊べるように作られている。


【不満点】
3作目で驚きも和らいでいる


過去作と比較する事でたしかな進化を感じるのだが、このゲームの数々の強みは一度見たものの延長線にあり、ブラッシュアップの極みのような作品なので、3作目独自の大きなチャレンジの成功みたいなものは感じづらい。


多少作業感のあるアクティビティ


バラエティも多彩で良く作られているとは思うのだが、テンポよく遊べ過ぎるバランスと、あまりにロケーション誘導がされすぎていて作業感を感じてしまう。数を減らす分一つ一つドシっと遊びとシナリオが組み込まれたものを遊びたい感覚があった。




【結論】
〇おすすめする人
・PS5を持っている
・スパイダーマンが好き
・爽快なアクションゲームがやりたい
・20時間くらいでやりきれるのがいい

×おすすめ出来ない人
・100時間とか遊ぶゲームではない
・過去2作をやってないならやったほうがいい





テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

  1. 2023/11/25(土) 21:32:10|
  2.  ├PlayStation 5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スーパーマリオRPG | ホーム | STAR OCEAN THE SECOND STORY R>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/2517-ed43e7f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1300本↑


チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
ブログ管理人。いい歳してゲームばっかりやってる人。殴り書きのレビューでごめんなさい!読んでくれてありがとう。


【akaoni】
相棒。ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。 最近なろう作家を目指し始めた

amazon

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

コメント