ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

よれよれなチラシの裏 「里見の謎」(ゲスト著者:よれよれ将軍)

こんにちは。
水曜日の帝王よれよれ将軍です。


クソゲー紹介ということで
少し古いゲームですが
「里見の謎」を紹介したいと思います。

その筋ではあまりに有名過ぎて
「今更かよ」と思う方も
多いと思いますが、
個人的に色々な思い入れもありますので
紹介させてください。
駄目って言われてもするんですけどね。

あれは、私がクソゲーハンターとして
目覚めた大学生時代でしたか。
「里見の謎」がどうしても欲しくて
友人と一緒に秋葉原に向かいました。

秋葉原中の中古ゲーム屋を回りましたが
見つからず、結局Laoxで
5,800円(だったかな)出して
新品買いましたよ。
熱い時代でした。



satomi1.jpg

どうですか。この良い感じに歪んだ絵。
パッケージに載っている白い犬は、
ラブリーという名前で
主人公のパーティーの一員なのですが、
ゲーム中では何故か茶色いです。

友人が
「色すら違うじゃねえか!」
と驚愕していたのを覚えてます。

ちなみに表面に貼ってある
「おすすめRPG」のシールは
メーカーが貼ってます。
まるで店舗がお勧めしてるかのように
見せかけるこの手法は斬新すぎて、
他のゲームが同様の手口を行っているのを
見たことがありません。

ゲーム業界が不景気な昨今、
各メーカーもこれくらい
なりふり構わない姿勢が
大事だと言えるでしょう。
モラルなどクソ喰らえです。


このクソゲーを抱えて帰る道中、
私「このゲームクリアしたらいくらくれる?」
友「1,000円やるよ」
という賭けを敢行。
家に帰って喜び勇んでプレイしました。

ゲーム内容についても、
かなり多くのページで紹介されているので
あまり触れませんが、
ものすごく簡単に言うと
縦スクロールRPGです。

「縦スクロール」という言葉は
通常アクションやシューティングの
接頭語に用いられますが、
「まさか縦スクロールのRPGがあるとは……」というのが
当時の私の感想です。

何でこんな暴挙に出てしまったのか、
開発者の心中を察するのは
あまりに困難ですが、
恐らく
「あまり迷わないで進めるRPG
 =みんなが気軽に遊べるゲーム」を
作りたかったんだと思うんですよね。

だから、とりあえず上に進んでれば
クリアできるRPGを作ってみましたみたいな。
ただ、一応ダンジョンは普通のRPGのように
上下左右に広がる迷路になっている辺りは
コンセプトの一貫性が感じられず、
よく分かりません。


戦闘システムも実に斬新です。
戦闘画面は、自キャラ視点で
敵を見てるタイプの
いわゆるドラクエ形式です。

しかし、違うのはその攻撃方法。
ドラクエのように
「たたかう ⇒ どれを?」
なんて選ぶ必要はありません。

□ボタンで左の敵を
△ボタンで中央の敵を
○ボタンで右の敵を攻撃します。

単純明快!
これならお子様でも安心!
ただ、戦闘の展開があまりにも
スピーディー過ぎて
知らない内に仲間が死んでることが
序盤はしょっちゅうありました。

ちなみにこのゲームは、
□△○ボタンを同時に押すと
全体攻撃が可能です。
全体攻撃しても攻撃力は落ちませんので、
ガンガン全体攻撃していきましょう。

っていうかこれはバグだろ。
どうなんですかサンテックさん。

ちょっとした裏ワザですが、
このゲームは戦闘中の攻撃に応じて
腕力のパラメータが上がります。
なので、敵の攻撃を
ある程度耐えられるレベルになったら
武器を外した状態で敵と戦って、
同時攻撃(攻撃3回分カウントされる)
を連打してると、
やばい勢いで腕力が上昇します。
ドーピングより急激な変化が生じてますが
大丈夫ですか。

あまりはっきり覚えてませんが、
1時間もすれば
もうクリアできるくらいの
ステータスに成長するんじゃないでしょうか。


キャラクターのセリフにも
色々と名言が多いです。
私が一番気に入っているのは、
主人公である夢若(ゆめわか)が
過去の時代にタイムスリップするなり
不審者として牢屋に
ぶち込まれた時に吐いたセリフ

「ここから出せ!俺は夢若だ!!」(細部はうろ覚え)

知らんがなw
台詞を書いていた人は
軽く狂ってたんじゃないかと
思われる論理性の無さです。


さらに斬新なのが、
キャラクター名を決める時のシステム
「じどう」
自動でキャラ名を決めてくれるシステムは
他のゲームでもたまーに見かけます。
普通のゲームだと
「カイン」「アベル」みたいな
名前をランダムでつけてくれるんですが、
そこは里見の謎です。
そんな程度で済ますわけがありません。

「じどう」を押すと
一文字ずつ完璧にランダムで
文字が入力されます。
おかげで私の犬の名前は
「エグモソ」になりました。
私はこの名前を生涯忘れません。

ちなみに友人は
主人公の名前を「じどう」にしたところ
「むぶつっぽ」になりました。

これぞ真の「じどう」と言えるでしょう。
オリジナリティ満載の名前が出現します。


さらに、ラスボスがダンジョンに居ないのも
比較的斬新な仕様だと思います。
普通のRPGでは、ラスボスと言えば
ダンジョンの奥深くに居たり
塔の遥か高みに居たりしますが、
あらゆる点で
普通を避けて作られているこのゲームでは
ラスボスは隣町に居ます。

電車で一駅です。
いやマジで、ラスボスと戦う時に
電車で隣町に行くんですよ。

そしてラスボスとの戦闘BGMで
突如流れる謎の歌。
歌ってる人は島紘子さん。
まあ誰も知らないですよねw

沖縄のタレントの卵だそうで
このゲームの声優と歌を担当してます。

真偽の程は分かりませんが、
噂によるとこのゲームは
沖縄のタレント学校の期待の星である
島紘子さんを大々的に売り出すために
作られたゲームだそうです。
何せゲームプロデューサーが
タレント学校の校長の弟(だったかな?)
ですからね。

ゲームとタイアップしたって
ろくな結果にならないことくらい
ドラクエ2の牧野アンナを見てれば
分かりそうなもんですが、
そういえばあれも
沖縄の人だった気がしますね。
歴史は繰り返すということでしょうか。
「わたしはペルポイのうたひめ アンナ。」
とか超懐かしいです。


私がこのゲームを2日でクリアして
友人から1,000円をせしめたんですが、
ここから奇跡のような話が始まります。

その頃、その友人はパソコンを購入したてでした。
ネットが出来るようになった友人は
何故か某チャットルームに連日入り浸って
数人のチャット友達を作っていました。

恐ろしいことに、
そのチャット友達の一人が
島紘子さんだったのです。

「沖縄に住んでる」
「ゲームの声優をやったことがある」
などの発言から、
まさかと思った友人が
私に紹介してくれたんですが
間違いなく本人でした。

それから私は、
島紘子さんとメッセ友になって
色々と話しましたが
普通に良い人でした。

「里見の謎」に関しては
本人も失笑といった感じでしたね。

まさか、こんな歴史的クソゲーの
主役ともいえる人と
メッセ友になるとは
夢にも思ってませんでした。
しかも私がクリアした直後に。
偶然って恐ろしいですね。

このまま島紘子さんと意気投合して
結婚しました!
とかならまさに奇跡なんですが、
私の当時のメッセのアカウントは消えてしまいまして、
現在は島紘子さんとは
もうすっかり疎遠です。
検索しても現在活動しているのか
どうかも不明です。
っていうかしてないんでしょうねきっと。

「自分の名前で検索すると
 クソゲーのページが多数ヒットするのは
 どんな気持ち?」
と、聞くことが出来なかった
当時の私の勇気の無さを悔やむ毎日です。


■ブログランキング参加中
クリックで1票お願いします(´∀`*)

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/15(水) 22:12:07|
  2.  ├よれよれなチラシの裏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<アラド戦記 ランチャーのスキル振りに悩む | ホーム | 2009/4/15(水) の話題>>

コメント

>Ponkeyさん

どもども。初めまして。
ゲスト日記という形態が
結構異質なので、勘違いされるのも
無理はないと思います。

これからも、何かだらだらと
書いていきますので
よろしくお願いします。
  1. 2009/04/22(水) 20:00:12 |
  2. URL |
  3. よれよれ将軍 #fsWsxJUo
  4. [ 編集]

4月17日から順番に3月アタマまでさかのぼって読んでたので↓のコメント書いたときは将軍さんがfeiさんと別人だとは気づいていませんでした。
いきなり「ゴブさたしました」はないですよね。失礼しました。

DAOCというオンゲでfeiさんにお世話になった者で、ここにも寄らせてもらってます。今後ともよろしくお願いします。
  1. 2009/04/20(月) 16:16:03 |
  2. URL |
  3. Ponkey #-
  4. [ 編集]

急に忙しくなってちょっとゴブさたしてました。
いやぁここに来ると必ず笑い泣きさせられるので、もうドキドキです。「むぶつっぽ」・・・止まらない。
  1. 2009/04/20(月) 14:53:18 |
  2. URL |
  3. Ponkey #-
  4. [ 編集]

>けいけいさん

こんにちは。
本当にすごい偶然ですよね。
もしかしたら、私の人生の中で
最も驚くべき出来事かも知れないですw
  1. 2009/04/17(金) 10:15:17 |
  2. URL |
  3. よれよれ将軍 #fsWsxJUo
  4. [ 編集]

すごい偶然だ~!
波長が合ってしまったんですかね~。
  1. 2009/04/16(木) 08:42:49 |
  2. URL |
  3. けいけい #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/853-4233b4ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1113本
最新:アウトラスト2




チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

コメント

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
当ブログ管理人。腹黒いドS、いい歳してゲームばっかりやってる人


【akaoni】
co-opの相棒。RTS,FPSが得意。
ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。
会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。

RSSリンク

amazon