ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

朧村正

【評価 /10】
6点
朧村正 特典 特大 屏風型絵巻付き朧村正 特典 特大 屏風型絵巻付き
(2009/04/09)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

【○】
■グラフィック、音楽
ヴァニラウェア特有の素晴らしいデザインで統一された2Dグラフィック。
キャラクターの細かいパーツが良く動き躍動感がある。
特に巨大な妖怪たちとの戦闘は心躍った。
相変わらず、キャラクターやクリーチャーのデザインが魅力的。

音楽も非常に良かった。耳に残る極が多く
単調な移動や、雑魚との戦闘部分も音楽で盛り上げ、モチベーションをしっかり支えていた。


■簡単で強いレスポンス
Aボタンとスティックを敵の方向に倒す、くらいの操作で
まるでアクションゲームの達人になったように
敵の飛び道具をはじき返し、空中を舞い、複数の敵を切り倒していく。
近年のゲームで簡単な操作で強いレスポンスのゲームが増えているが
これはかなり良く出来ている部類だと感じた。
敵を斬った時に墨が広がるエフェクトも派手でカッコイイ。


■テンポ良く成長
レベルがさくさくあがって、武器が次々変わる
武器には技がついていて108本ある。成長のテンポが良かった。


■リモコン不要
クラシックコントローラーで遊べる。


■ボス戦で死んでもリトライ可能
ボス直前からリトライできる。


【×】
■ボリュームと単調さ
無双モード(簡単)でシナリオのみ一本道に進むと1キャラクターが6時間~7時間
両者クリアー後、全てのエンディングを見るまでにトータル20時間前後だった。
20時間が濃密であれば良いのだが、単調な移動や同じ雑魚との戦闘が多く
もう少しゲーム性が必要かなと感じた。

このゲームの魅力はメインシナリオとボス妖怪との派手な戦闘。
雑魚を蹴散らすのも魅力としては大きいのだが、
戦略性のようなものはなくただひたすらに敵を切り倒していくので飽きやすい。


【おまけ】
しっかりした声優でシリアスな物語を演出。
ボス妖怪とのバトルとシナリオが非常に良かったのだが、
その中間に挟んでいる移動や、雑魚戦が退屈に感じたので
この辺のテンポが良ければもう少し点は上がった。
ボリュームを出すために無理に広げたのだろうが…


【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ


■ブログランキング参加中
クリックで1票お願いします(´∀`*)

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/24(金) 22:01:10|
  2.  ├Wii
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブラウザ三国志 実質オープンβ? | ホーム | 2009/4/24(金) の話題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/860-20b10722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1118本
最新:スプラトゥーン2




チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

コメント

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
当ブログ管理人。腹黒いドS、いい歳してゲームばっかりやってる人


【akaoni】
co-opの相棒。RTS,FPSが得意。
ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。
会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。

RSSリンク

amazon