FC2ブログ

ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

ベヨネッタ

【評価 /10】
8点

BAYONETTA(ベヨネッタ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RODIN'S SELECTION」付きBAYONETTA(ベヨネッタ) 特典 スペシャルサウンドトラック「RODIN'S SELECTION」付き
(2009/10/29)
Xbox 360

商品詳細を見る




【○】
■アクション、演出
AAAA、AAB、AABBBなど武器毎に簡単なボタン操作の組み合わせで
発生する攻撃演出にかなりの種類があり、特に難しい操作はしていないのに
まるでアクションゲームの達人のように様々な動きを楽しめるのは素晴らしい。
エフェクトのクオリティも高く最高のレスポンスを返してくれる。
大ダメージを与えられる攻撃演出
トーチャーアタックやクライマックスも豊富なパターンがあり楽しめた。

個人的に一番良かったシステム「ウィッチタイム」
敵の攻撃をギリギリで回避すると数秒間、時間がゆっくり流れて敵を一方的に攻撃できる。
跳ね飛ばした敵の破片が宙を散っている中、
空中で静止している所にジャンプで追いつき追い討ちをかけたり
プレイする度に、自分だけのかっこいいシーンが演出されるのが非常に良い。
攻撃がくる瞬間独特の音がなって知らせてくれるのも親切。


上記のエフェクトも含め、イベントやボス戦もおもしろいシチュエーションが多く
演出の上手さが際立っていた。

アウトランとかスペースハリアーのセガネタ、
マッドワールド、大神など過去作品に絡めたパロディ、
ベヨネッタに似合う拷問、エロネタなんかも含め
いろんなネタが仕込んであっていい味出していた。


■快適性
・死んでもすぐ再開する。
 ボスで負けても必ずはじめからではなく、
 中間からはじまったり親切になっていた。

・いつでも難易度変更可能。

・謎解きがわかんない、行き先がわからないって事は一切ない。
 純粋にアクションを楽しめる。


■ボリューム
ノーマルで10時間前後。
ちょうどいいと感じた。


■遊び手に合わせた難易度
・ベリーイージー 
目をつぶっても敵に勝てるレベル

・イージー 
攻撃ボタンひとつ押しているだけで覚えたスキルを
勝手につかって達人のように動く

・ノーマル 
初心者が選ぶと「このゲーム難しい」と感じる。

・ハード
相当モチベーションがないと続けられないくらい難しい

それ以上も存在する。(ハードクリアーしてないので未体験)

個人的には、イージーの強制オート操作じゃなく、
ノーマルと同じ操作が出来て、かつもう少し気軽に遊べる
イージーとノーマルの中間が欲しいと思ったのだが、
気軽に遊びたい人、トコトン楽しみたい人、
いろんな人を許容できるようになっているのは良い点。
ただ、普通最初ノーマルを選ぶと思うので
ノーマルの難易度がきつめで悪い印象を与えて損したんじゃないかなと思った。
難易度で配置されるモンスターが変化するのも周回プレイの工夫になっていた。
アクションゲームとしては良く出来ているのでそこにどっぷりはまれば
やりこみゲーとして長く楽しめると思う。




【×】
■カメラ
強制的にカメラ位置が変わる箇所がいくつかあり
それが原因でダメージを受けてイライラする事が多かった。


■パターンが少ない
敵とステージの使いまわしが多かった。
大ボスクラスのやつまで微妙な色違いが何度も出てきて
露骨にコンテンツ不足を感じた。


■QTE
最近の3Dアクションによくある
突然「A」を押せ!とか言われてボタンをタイミングよく押せれば成功というシステム。
移動レバーがちょっとでも入っていると反応しなくなったり
無駄にシビアでイライラする事が多かった。
これは気持ちよく遊ばせていいんじゃないかなと思う。


■ミニゲーム
ストーリー進行上避けられないシューティングのミニゲームがあるのだが
回避で画面が360度回転するため敵の弾を何度も避けていると気持ち悪くなる。

自分はゲームで酔うタイプではないのだが、このミニゲームは気持ち悪くなった。
しかもめちゃくちゃ長いので、これがあるだけでもう一回遊ぼうってモチベが減るほど。


■もっと一週目で楽しめるゲームにしたほうがいいかな
ショップで技やアイテムを購入する事が出来るのだが、
1周では半分程度のコンテンツしか買えなかった。
何度も周回プレイするのは普通じゃないと考えた方が良いかなと。


■ムービースキップ
ムービーが長いのは今時なんだけど
ムービースキップにメニューを開いて、スキップ、本当にいいですか?とステップが多い。


■シナリオ、イベント
終盤いくつか良いシチュエーションがあったのだが、
イベントの「山場」ばっかり連打されている雰囲気で記憶に残る敵とかシーンが少なかった。
感覚が古い自分としては必殺仕事人でいう悪事を見せ付けられてイライラがつのった所で
悪党を成敗してすっきりみたいな、盛り上げの演出があってこそ山がグっと来るのだが
ひたすら最強のベヨネッタがかっこよく暴れていたな~って感じであまり記憶に残らなかった。
キャラもあんだけ見た目濃いのに、表面的でキャラクターの掘り下げとか演出は
あまり上手くなかったんじゃないかなと。
能書きなしでサクっと楽しむ、クスっと笑えるって方向では一貫してたような気がするが。



【点数のざっくりした基準】
10:神ゲー(完成度+独創性)
9:良作の一線を超える
8:良作
7:少々問題はあるが合格点
6:平凡だが十分遊べる
4~5:定価の価値はない (低クオリティ、バグ大、コンテンツ少)
0~3:これはヒドイ


■ブログランキング参加中
クリックで1票お願いします(´∀`*)

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/11/06(金) 21:21:12|
  2.  ├XBOX360
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レフト4デット体験版とか | ホーム | 光の4戦士、インファマスの話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/977-90f46fbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1200本↑


チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
ブログ管理人。いい歳してゲームばっかりやってる人。殴り書きのレビューでごめんなさい!読んでくれてありがとう。


【akaoni】
相棒。ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。 最近なろう作家を目指し始めた

amazon

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

コメント