FC2ブログ

ゲームレビュー ボクラの九龍城

ゲームばっかりやってる人のメモ帳

レフト4デット体験版とか

▼レフト4デッド2体験版
友達と4人co-opで遊んでみました。
操作した感じは前作と大差なかったんですが、大きな変化は2点

1)新クリーチャー
背中に乗っかって来て頭部を攻撃しながら
どこかに連れ去ろうとするこなきじじいみたいなやつ、
イノシシみたいに突進してくる半分タンク、
倒すとそこら中ダメージ床になるやつ、
体験版の範囲ではこのへんに遭遇しました。
前作のスモーカー、ハンター、デブ(名前忘れた)も出てきた。

仲間を分断したり、集中して攻撃しなければいけないような事が多く、
ピンチに陥りやすくなってました。
より一層個人の技量や、チームワークが試される感じ。


2)新武器
目立ったのは近接武器。
フライパン、ナタ、バールなどの近接武器をサブで持つ事ができるようになった。
銃が利きずらい敵を倒すのに重宝。
フライパンで敵を殴るとバイーンバイーンってすごくいい音が鳴るので癖になって殴ってたら
度々殴り返されて死にそうになったw


前より難易度が上がったような印象。
ノーマルでもきつかったんだけど難易度上げて挑戦したら
延々ラッシュが来る場所があって越えられなかった。
声なしとかなんとなく遊びたいってプレイには向いてないのかも。
本気で声掛け合ってチームワークで戦うゲームになった感じ。



▼光の4戦士
クリアーしました。
今週のレビューはこれ。
結構辛口になってます。


▼インファマス
最初のエリアは治安が100%回復してファンクラブが出来るほどの人気に!
街を歩いていると市民が写真を撮ってくる。主人公を讃えるポスターまで貼ってあるのはワロタ。

リーパーのボスを倒してついに次の街へ。
新しい街は電気が通ってないし(回復ができない)また治安回復からスタートする事に。
ダストマンっていうゴミの鎧着た新しい敵が登場。前より硬くなったような気がする。
少ない数なら勝てるんだけど、地域全体治安悪すぎて逃げても逃げても
敵が集まってきて蜂の巣にされる。
むかついてきてやけでグレネード投げまくってたら市民も巻き込みまくってカルマが悪にorz
ちくしょうこの街でもヒーローになってやる!


▼MHF
ついにアクラヴァシムの尻尾斬りに成功!
エピスナス亜種も命からがらやっと倒せました。
新しい敵と次々戦えるようになって楽しくなってきたんですが、
最近メモリエラーで落とされる事が多くなってげんなり。
2回もクエスト報酬もらってる所で落とされたorz



▼次遊ぶゲームは~
積んでたイース7と、FFCCクリスタルベアラー。
あとシュタゲもやらねば。

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/11/09(月) 21:06:28|
  2.  ├コンシューマー感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<マフィアウォーズ スマフォ | ホーム | ベヨネッタ>>

コメント

ガスと石油ヒーター、エアコンが部屋全体を暖めるものでそれ以外は部屋を暖めるには不足ですよみたいなことを言われましたよん

  1. 2009/11/10(火) 08:24:38 |
  2. URL |
  3. fei #-
  4. [ 編集]

僕も引越すんですけど、引越し先のキッチンがガス栓塞がってて、今のガスヒーターが使えなくなるんですよね。足元から温めたいので電気でいいのないか探してますΣ(- -ノ)ノ
  1. 2009/11/10(火) 01:54:59 |
  2. URL |
  3. 山崎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bokuron.blog103.fc2.com/tb.php/984-c57933b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

プロフィール

fei

Author:fei
▼ブログ&管理人の紹介

▼現在のレビュー数
1200本↑


チャンネル登録おねがいします!

フリーエリア

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

主な登場人物

raraferuuutaruu1.jpg
【fei】
ブログ管理人。いい歳してゲームばっかりやってる人。殴り書きのレビューでごめんなさい!読んでくれてありがとう。


【akaoni】
相棒。ツールの限界を超えた変顔キャラ作成が得意。会社で狂犬と呼ばれてる。

yoreyore01020258.jpg
【よれよれ将軍】
たまにゲスト日記を書いている人 記事はコチラ
クソゲーと筋トレが大好きなヴァイオリン弾きのロリコン。 最近なろう作家を目指し始めた

amazon

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

コメント